埼越の歴史

歴史と沿革

埼越は明治33年創業。材木屋として生まれ、現在はリフォーム・新築から不動産業まで手がける会社に成長しました。創業当時から現在まで、地元の皆様との関わりを大切に営業しております。
100年以上に及ぶ埼越の歴史と沿革、創業当時の風景などをご紹介いたします。

明治33年 製材所創業。越生町津久根130番地。

*埼玉県No.1の認可。
*創業者、仲 伴次郎は岩手県花巻市で技術を習得。
*水力(水車)で製材する。

明治43年 発動機を動力とする。
大正7年ごろ 電力を動力とする。
大正15年 二代目、仲 良八死去。仲 武夫(小学生)が、良八の弟、仲 利平を後見人として相続する。

*製材には丸鋸を使用。

昭和13年 製材に帯鋸を使用する。
昭和17年 武夫死去。仲 元斌(2歳)相続。

*戦争に伴い木材統制時代105号工場。
*戦後「仲製材所」とし、元斌の祖母ふくが代表となる。

昭和39年 ふく死去。その後元斌が越生町津久根29番地に工場を移転する。 株式会社 仲製材所を設立。代表取締役は仲 元斌。建設業を始める。
昭和54年 木材加工業を始める。
平成元年 社名を株式会社 埼越とする。
平成13年 代表取締役に仲 晃良(現社長)が就任。